3DCGCinema 4Dテクスチャリング

[Cinema 4D] テクスチャで使用した画像の再リンクを行う3つの方法

モデリングしたメッシュをより本物に近づけるために、画像を使ったテクスチャを入手することが多いと思います。

コンテンツブラウザに作成したマテリアルをマテリアルブラウザに追加すればCinema 4Dのライブラリに追加されますが、自分が作成したフォルダからテクスチャを追加したり、購入した素材を使用する場合もあると思います

保存先であるフォルダのパスさえしっかりしていれば、テクスチャが問題なく表示されると思いますが、フォルダ名を変更したりファイルの移動などを行ってしまうと、テクスチャがオフライン(不明なテクスチャ)になってしまい、レンダリングが行えなくなってしまいます。

そんな時はテクスチャの再リンクを行えば解決できます。一つのテクスチャから反映させる方法や複数のテクスチャをまとめて再リンクさせる方法があるので、今回の記事ではそんなテクスチャの再リンクで役立つ3つの方法をご紹介したいと思います。

1. マテリアルエディタから行う

新しくマテリアルを追加する時同様に、マテリアルエディタからテクスチャを再度追加する方法です。

オフラインになっているテクスチャのマテリアルをダブルクリックして、マテリアルエディタを開きます。

カラーやバンプなどオフラインになっているテクスチャの項目を開き、「テクスチャ」の部分に対象となるテクスチャの画像をドラッグ・アンド・ドロップして追加すれば完了します。

2.属性マネージャから再リンクする

プロジェクトが開かれた状態で右側の「属性マネージャ」を開き、上部の「モード」から「プロジェクト情報」を選択します。

テクスチャ」のタブを開くとプロジェクトで使用されているテクスチャの全てが一覧で表示されるようになります。

オフライン(不明)になっているテクスチャはサムネイルが黒くなっているので、そのテクスチャを選択して「・・・」のアイコンをクリックして、対象となるテクスチャのファイルを選択します。

すると反映されるようになるので、同じ様に他のオフラインになっているテクスチャにも適用させると良いでしょう。1と2の方法は置き換えるテクスチャの数が少ない場合に有効です。

複数あるオフラインのテクスチャをまとめて再リンクする場合は下の方法を使うと良いでしょう。

3.プロジェクトアセット マネージャを使う

テクスチャの再リンク方法で一番オススメなのが、プロジェクトアセット マネージャ(Project Asset Inspector)を使用する方法です。

こちらは元々、テクスチャマネージャ(Texture Manager)と呼ばれていたもので、このツールを使用することでオフラインになっているテクスチャをまとめて再リンクすることが可能です。

上部メニューの「ウィンドウ」から「プロジェクトアセット マネージャ」を選択して、ウィンドウを開きます。

プロジェクトで使用されているテクスチャが一覧で表示されるので、チェックアイコンが付いているものであればリンクできているもの、「X」であれば再リンクが必要なテクスチャになります。

対象となるアセットを選択するか、「編集」の項目から「不明なアセットを選択」をクリックすることでオフラインのテクスチャをまとめて選択できます。

その後で「アセットを再リンク」のアイコンをクリックして、テクスチャが保存されているフォルダを開けば自動で反映されるようになります。

テクスチャがオフラインになってしまうと焦ってしまうところですが、Cinema 4Dには様々な解決策があるので、この記事を思い出してみると良いでしょう!

(MIKIO)

mikio

コマーシャルを中心に企画から撮影、編集などの映像制作に10年携わる。最近3DCG制作にも興味を持ち始め、学んだことを備忘録として残したり、独学で3DCGを学びたい初心者にもわかるようにbe CG Artist!では3DCG制作で役に立つチュートリアルを紹介していきます。

関連記事

Back to top button