コラム

be CG Artist!をオープンしました!立ち上げ理由と筆者プロフィールを紹介

当サイト、be CG Artist!(ビー・CGアーティスト!)にお越しいただきありがとうございます!自分はこのサイトで筆者を務めるMIKIOです。

このサイトは3DCGに興味を持つ方々に制作や役に立つ情報を提供できるマガジンサイトを目指して定期的に記事を配信していく予定です。

be CG Artist!の最初の記事としてこのマガジンサイトを立ち上げた理由と、筆者のプロフィールを簡単に紹介していきたいと思いますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

MIKIOって誰なのさ?

90年代初頭に千葉で生まれ、小学生の頃に見たジェームズ・キャメロン監督の映画、「タイタニック」に感化されて映像制作に興味を持ち始めました。その後はフィリピンセブ島にある映像専門学校に留学し、セブ島が好きになったのがキッカケで現地で映像制作会社を立ち上げます。

その後は現地の企業や日本を含む海外のクライアントの企業VPやTVCMといったコマーシャル制作やミュージックビデオ、長編映画などの作品にプロデューサー、ディレクター、撮影や編集など様々な役職をこなしてきました。

これらのノウハウを他の人達に共有したいと思い、映像チュートリアルサイトのCurioscene(キュリオシーン)を2018年にオープン。こちらのサイトではプロダクションやポストプロダクションに役に立つ情報を共有していましたが、新しい技術を取得したいと考えて、これまで興味のあった3DCG制作を学ぶことにしました。

学んだことをアウトプット出来る場として

実写やモーショングラフィックスといった映像制作は得意ではあるものの、昔から興味を持っていた3DCGに触れる機会はあまりなく、案件で必要だった時はクリエイターに作ってもらうことがほとんど。

修正が来た時にすぐに対処できなかったり、自分でできたらどんなに良かったのだろう・・とずっと思ってて3DCGを学びたいとずっと考えていたのです。

しかし、2020年になると新型コロナウィルスの影響で仕事が減ってしまい、どうしようかと考えていたのですが、「せっかく時間あるし、真面目に勉強してみよう!」と本格的に考えるようになりました。

be CG Artist!ではそんな3DCGの初心者の自分が独学で取得したことをアウトプット出来る場として、学んだことを忘れないように備忘録として使うため、また筆者と同じように初心者でもわかるようなチュートリアルを提供できる場所としてこのサイトを立ち上げることにしました!

見ての通り3DCGIについてはまだ右も左も分からない状態ですが、色々チャレンジしてみることで知識を上げることは出来ると思うので、将来的に色々な3DCGを作れるようにこのサイトで記事を更新していこうと思います!

どうぞ、be CG Artist!をよろしくお願いします!

(MIKIO)

mikio

コマーシャルを中心に企画から撮影、編集などの映像制作に10年携わる。最近3DCG制作にも興味を持ち始め、学んだことを備忘録として残したり、独学で3DCGを学びたい初心者にもわかるようにbe CG Artist!では3DCG制作で役に立つチュートリアルを紹介していきます。
Back to top button